I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア

December 30, 2017

この秋に収穫しこしらえた干し柿が出来上がりました。お届けできます。

農家民宿オーベルジュ・フジイフェルミエの柿は完全有機栽培です。

しかもその有機肥料も、無投薬飼育の牛と鶏から得た糞に有機栽培水稲のもみ殻や原生林のくぬぎ林の落ち葉を混ぜてこしらえた完熟たい肥です。

ですから柿の木は病気知らず。とても元気に育っています。

皮むきは手仕事で行い、晩秋から初冬の福井の寒風で天日干しすること1カ月。

食べ頃となりました。

現在の干し柿は柔らかいです。

固めの干し柿は1月終わりにできあがります。

数に限りがありますので無くなり次第終了とさせていただきます。

完...

December 12, 2017

日本人は漬け物が大好きです。

ぬか漬け、粕漬け、塩漬け、甘酢漬け、麹漬け、浅漬けなどなど。

さらに地方それぞれの地野菜がその土地に適した漬け方と相まって、漬け物は地方色を色濃く反映している食べ物と言えましょう。

それらあまたの漬け物の中で、日本の伝統漬け物の横綱と言えば、やはり「たくあん」ではないでしょうか!

縄文時代にはすでに日本に渡来していたと言われる大根。

今では大根の品種は、有名なところで三浦、守口、亀戸、源助、練馬、聖護院などと色々ありますが、沢庵用として知られるのは「宮重大根」です。

さて、大根の漬物「たくあん」ですが、臨済宗の名僧...

December 5, 2017

 南北に細長い日本列島は除夜の鐘を号令に南からさまざまな花前線がさざ波のように北へと襞のうねりを送って行きます。

しかし、その除夜の鐘を待ち切れずにスタートする冬の花があります。

水仙です。

「日本野水仙」という野生種で、和名を「雪中花」といいます。

誰しも寒さの中に身を開くのは嫌なもの。

花とて同じことです。

ところがこの「水仙」、そしてそれに続く「梅」の何たる潔さ。

寒風の中、ぷるりっ!と蕾を剥くのです。

健気(けなげ)で可愛い花。

東北地方では春待ち花だそう。

それが福井の越前海岸では12月から咲き始めます。

これはすぐの沖合を対馬海流という暖流が...

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Please reload

最新記事
タグから検索
特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

アーカイブ