Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

雄島、伝説の島 Oshima, a legendary Island in Mikuni

December 27, 2016

師走12月。

 

福井の海は大波、三角波に尖りまくっています。

 

越前海岸の北端辺り。

 

「フジイ・フェルミエ」から車で30分ほど。

 

東尋坊の先にぽつねんと佇む小さな島があります。

 

雄島。おしま、と読みます。

 

この島の中央に建つ大湊(おおみなと)神社には伝説があります。

 

昔、外敵―恐らく大陸からの侵略者であろう-が三国に襲来してきました。

 

すかさずこの社の祀神である天照大神が三国町陣ヶ岡でこれを迎え撃ち撃退したといいます。

 

これを時の天皇文武天皇が聞き及ぶこととなり社領が寄進され、この伝説を以て大湊神社は弓矢の神として武人に崇拝されることとなったのです。

 

 源義経もその知識はあったのでしょう。

 

小丹生の海岸岩(「弁慶の洗濯岩」)で衣を洗った後、義経の一行は逃避の道すがらこの雄島にも立ち寄って道中の安全と武運を祈願したのでした。

 

こんにち、温帯常緑樹の原生林がうっそうと茂ります。

December. Fukui is in the midst of winter. The ocean is very rough with its big triangle waves roaring.
There is a small island lying solitarily close to Tojimbo,Mikuni.
It's named Oshima. A shrine named Ohminato Jinja standing in the center of this island. This old shrine has a very interesting legend.
Once upon a time, a foreign enemy invaded Mikuni. It must have been from the continent. Instantly the Goddess Amaterasu enshrined in this shrine counterattacked the enemy at Jingaoka.

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索