Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

味噌を仕込みました! Fermented Miso (soybean paste)

February 20, 2017

今年分の味噌を仕込みました。

 

味噌を手作りするようになったのは昨年(2016) からです。

 

小屋の玄米貯蔵冷蔵庫を片付けていたら奥の方から袋が出てきました。

 

開けて見れば、今は亡き両親が作った大豆です。

 

50キロほどもあります。

 

この大量の大豆をどう使おうかと思案して、味噌を作ることに決めました。

 

村の老人たちはとっくの昔に味噌作りなど止めてしまっていて、誰も作り方を知りません。

 

仕方がないから1人せっせと調べました。

 

「作ったら自分しか食べないのだから、材料には徹底的にこだわろう。」

 

大豆を煮る燃料は、亡父が裏山で焼いた手作り炭。

 

これも、小屋の奥にどっさりと貯蔵してあるのを、昨年発見していました。

 

20年分はあるでしょうか。

 

塩は石川県能登の自然塩。麹は熊本産の米麹と大麦麹。

 

仕込みはプラスチック容器ではなく、杉材の木樽。京都から調達。

 

これは2年目なので、樽の木部に味噌麹菌がたっぷり住み着いているはずです。

 

きっと、今年の出来は良いでしょう!

 

覆うのは、サランラップではなく、福井産、越前手漉き和紙。

 

和紙はカビは遮断するのに味噌を呼吸させてくれるのです。

 

和紙というのは素晴らしいです。

 

こうして、日本の梅雨を超え土用をしのいで熟成する、和食文化の雄、味噌!

 

こんな美味しいモノを手作りできるのだから最高です。

 

それでも昨年は初回とあってミスが多くありました。

 

今年はそれをすべて修正。

 

味噌の排毒力にはすごいものがあって、薬毒、添加物、農薬などを身体の隅々から掻き出してくれます。

 

発酵食品でもあるから整腸作用、健胃作用、強肝作用も優れている。

 

オーベルジュフジイフェルミエの朝食には、この味噌でこしらえた味噌汁をご賞味いただきたいと思います。

 

Fermented the soybean paste what we call Miso for this year.  Last year - 2016 - I started to make miso myself.  

 

When I was cleaning the rice stocker, I found a big bag in its corner.  It was full of soy beans. 

 

My parents, both of whom are now dead, had grown them in their garden.

 

I thought what to make with them. I hit upon an idea!  "Miso making is the best way!"

 

I asked the old villagers in my village how to make miso. But nobody knew it. 
 

Only a few Japanese people make miso themselves. We usually buy that at stores.

 

"Now I will make it myself, I will stick to the best materials," I thought.

 

The fuel to boil the beans is the charcoal that my father had made.

 

The salt made in Noto, Ishikawa, Japan, in the natural traditional way.

 

The container; not a plastic one but the wooden barrel made in Kyoto.

 

The covering filter; not the plastic wrap but the genuine Japanese paper, which enables the miso paste to breathe in the course of fermenting.

 

The Japanese paper is amazing!

 

Miso is amazing because it discharges the metals, chemicals or food additives from inside your bodies.

 

I'd like to serve you guests miso soup for breakfast with this miso paste!

 

Also, I'm planning to hold  a workshop to make miso in winter next year!

 

Please look forward!

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索