Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

福井の新蕎麦の季節到来です~Here Comes The Season for 'Shin Soba'-New Crop Buckwheat noodles!

November 23, 2017

福井の晩秋と初冬は越前蟹ばかりが脚光を浴びますが、もうひとつ、福井の美味、越前そばの新蕎麦の季節到来でもあります。

 

福井県は全国有数の蕎麦の産地です。

 

2015年の都道府県別蕎麦生産量ランキングは1970t生産で堂々の4位。

 

蕎麦と一口に言っても日本全国各地で栽培品種が違います。

 

福井の蕎麦は「福井在来種」です。

 

在来種のみの生産にこだわっているのは福井県だけ。

 

在来種は遺伝子の影響を受けやすいからなんですね。

 

福井県では夏蕎麦を除いて他の品種の栽培は基本的に行わず、在来種のみです。

 

在来種は小粒で実が詰まっています。

 

そのため製粉が非常に難しく、なおかつ取れるそば粉の歩留まりも低いのです。

 

しかしその分希少で美味しい。

 

この昔ながらの品種にこだわるのは、ただその味の良さに尽きるからなのです。

 

福井県の主要な蕎麦の産地は大野市、勝山市、勝山市ですが、さらに坂井市丸岡町、福井市美山、池田町、越前市、南越前町今庄、永平寺町が個性ある蕎麦の産地として知られています。

 

福井在来種の味は、さらに福井県内の各地域によって違って来ます。

 

同じ福井でも、それぞれの地域によって気候、土壌、水質、日照量、さらにはその地域の栽培者の栽培法などのテロワールが蕎麦の味の微妙な個性となって反映されてくるからです。

 

福井の蕎麦は越前蕎麦と呼ばれます。

 

越前蕎麦の特徴は蕎麦殻も混ぜて製粉するため色が黒く風味がより強いのです。

 

福井蕎麦は別名「越前おろし蕎麦」とも言われます。

 

これは実に理にかなった美味な食べ方です。

 

これには諸説ありまして、遠く江戸時代、福井藩家老の本多富正が考案したという説が有力です。

 

荒れ地でも栽培しやすい蕎麦栽培を富正は奨励し、さらに食べ方まで考案したと言われているのです。

 

蕎麦を噛み締めるたびに蕎麦の香ばしい風味と蕎麦麺に絡んだ大根の辛みと甘味が同時に口中に広がります。

 

蕎麦に含まれる酵素ルチンは大根おろしのビタミンCと反応し毛細血管を強化するという作用があります。

 

しかも大根おろしの酵素ジアスターゼが消化を手助けしてくれるという、素晴らしい組み合わせなのです。

 

挽きたての蕎麦粉10割でこしらえた新蕎麦。

 

噛み締める一口毎に口中に広がる圧倒的な蕎麦の薫りと風味。

 

 ぜひ福井の冬に来られた際は、越前おろし蕎麦の新蕎麦をご堪能ください!しかも十割蕎麦を!

 

 上は、越前おろし蕎麦。大根おろしが汁に溶け、蕎麦の風味を一層引き立てます

 蕎麦の花。見た目は可憐ですが、すごい匂いです。でも、この花から採れる蜂蜜はとても美味しい。プロポリスのような個性的な味ですが

 蕎麦の収穫。ここはあわら市のそば

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ホテル所在地

〒910-3373
福井県福井市西畑町2-17
2-17 Nishibata-cho,Fukui,Japan

ご予約 Reservation
ご予約はお電話または下のメール宛にどうぞ。

お問い合わせ Contact Us
shozo@fujii-fermier.com
090-2123-3851 藤井 Fujii


 

Copyrights Reserved 2016 by Fujii Fermier