Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

ゲストと一緒に山登り~ Climbed Nearby Mountain with Guests

私の村の南東にそびえる鷹巣山。

 

農家民宿のお客様を連れてトレッキングに出かけました。

 

さかのぼること680年、時は南北朝の時代。

 

建武の新政に挫折した後醍醐天皇は南朝に下ったのですがが、福井越前の武将新田義貞は南朝側に付きました。

 

北朝の足利軍は新田を攻めんと福井に押し寄せました。

 

敦賀、鯖江と新田側の城は次々と攻め落とされ、暦応元年(1338)新田義貞はあえなく戦死。

 

翌2年八月に後醍醐天皇も崩御とあって、南朝側の城はわが鷹巣城のみになってしまいました。

 

 新田義貞には新田四天王と呼ばれる豪傑の家臣がいました。

 

そのうちの一人、畑六郎左衛門時能(はたろくろうざえもんときよし)は家来27騎300人で鷹巣城に籠ります。

 

標高438メートルの鷹巣山はそのふもとを足利軍七千騎の大軍勢に幾重にも取り囲まれ、時能軍は兵糧攻めに遭ったのでした。

 

しかし時能を慕うふもとの村人たちは夜闇にまぎれて味噌米などの兵糧を城へ運び上げ時能軍を1年半に渡って支えたのです。

 

この行は江戸時代に書かれた「太平記」に詳しくあります。

 

はるかな時空を超えて細い山道の上では、微風が木漏れ日を躍らせています。

 

城の石垣に用いられたであろう石はまだ風化せず、当時のノミの跡がくっきりと残っています。

 

出発地点から大人の足でなら40分ほどで山頂のはずでしたが、お子さんの遊びあそびの足取りにまかせていたら2時間半もかかってしまいました。

 

生後11カ月の赤ちゃんは、山道の上の乾いた落ち葉の上で気持よさそうに裸足を投げ出して遊んでいます。

 

それを眺める若い夫婦のまなざしが優しい。

 

これもまた一つの登り方の楽しみなのだと得心しました。

 

山頂には午後の陽光が降り注いでいます。

 

城跡碑の前に立ちます。

 

うちの村がはるか眼下の青霞みの中に小さく見えます。

 

足利の大軍勢の野火が見えるようです。

 

法螺貝の音が聞こえるようです。

 

白山を臨む草むら辺りに時能が立って笑顔で手を振っています

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索