Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

2頭のヤギがやって来ました!~Here come 2 Goats!

June 13, 2018

ご案内が遅れましたが、6月3日にオハナファームに山羊がやって来ました。

 

ザーネンとシバの雑種です。

 

1歳3カ月の双子。双子なのに色も大きさも全然違います。いろんな雑種が混じっているのですね。

 

どちらもオスで去勢済み。

 

構想からはや1年。

 

私が思い描いた山羊牧場は、耕作放棄地の雑草対策という不純な動機からでしたが、いざやってきた山羊を見ると、なかなか愛くるしいではないですか。

 

雑草以外、特に餌として与える必要が無い、まことにエコな動物です。

 

あれ欲しい、これ欲しいと言いません。

 

バーキン買ってとか言いません(笑)。

 

登録も予防接種も義務がありません。

 

餌は雑草だけでOK!

 

素晴らしすぎます。

 

白い方が「シュネー」。

 

ドイツ語で「雪」という意味です。

 

「アルプスの少女ハイジ」のアニメ版ではドイツ語訳でそのまんま「ゆき」でした。

 

好奇心旺盛で、とても人懐っこいです。

 

茶色がかった大きい方がアトリ。

 

これもハイジに出て来る山羊。

 

引っ込み思案でシュネーが大好き。シュネーがいないと大慌てで探します。

 

 

 

山羊の目は猫と同じで明るい昼間は瞳が細いが夜にはまん丸のまっ黒。

 

つぶらな瞳になるのです。

 

連れて来られたばかりの夜はさすがにビビっていました。

 

「誰やの、このおっさん?知らんし。それに、ここどこや?」

 

夕暮れ時、「うえ~ん、うえ~ん」と大声で泣く子供の声がします。

 

誰やろ、と思って耳をそばだててみればうちの山羊です。

 

子供とそっくりの泣き方をするのです。

 

仲間からいきなり離れてホームシックになっているのでした。

 

暮れなずむ夕闇の小屋の入口に座り、シュネーとアトリをかわるがわるさすってやったら少し落ち着いたようでした。

 

これから私の家族です。

 

 

 

うす暗い山羊小屋に入り、20分ほど撫でてやったら落ち着いた

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索