Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

完熟トマトを農家から買って来ました~Bought Over Riped Tomatoes on a Farm

August 1, 2018

トマト農家から規格外の完熟トマトを13キロ買ってきました。

 

正確に言いますと、10キロ買ったら3キロおまけにくれたのです!

 

毎年頼んでいる農家です。

 

木で完熟したトマトは商品にならないのだといいます。

 

だから、私が電話するととても喜んでくれます。

 

廃棄分が少しでも現金化できるからです。

 

最近はあちこちのレストランのシェフから同じような注文があるようで。

 

シェフたちもトマトソースやらケチャップやらを自作するのに木での完熟トマトでしかも値段のこなれたトマトは嬉しいのですね。

 

2週間ほど前に注文して、今日ようやく電話が来ました。

 

「フジイさんの分、確保できたよ~」

 

甘味があり、冷やして生食でいただくのが一番美味しい。

 

一般流通用には頭がうっすらと赤味が差し他は真緑のを収穫。

 

流通段階で熟成させるのです。

 

しかしそんな熟成法では栄養分が葉からも根からも上がらないから、私としては美味しさはイマイチの判断です。

 

トマトは夏の野菜。

 

夏の野菜は夏にしか食べてはいけないのをご存知でしたでしょうか。

 

なぜか。

 

それは、夏の野菜はこのような酷暑で上がり過ぎた体温を下げて、内臓の消耗を防ぐ働きがあるからです。

 

食べ物には、一年中食べて良いもの、その季節にしか食べてはいけないもの、どの季節にも食べてはいけないもの、があります。

 

トマトは夏にのみ食べるべきなのです。

 

それをわざわざ真冬に、石油を燃やしてハウスで栽培したトマトを有り難がって食べる消費者がいるわけですが、まったくのナンセンスだというのが私見。

 

真夏に真っ赤な完熟トマトを食べましょう。

 

しかも、規格外のを。

 

 

農家と仲良くなってね!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索